24.費用を強調するのは控えめに

費用を強調させる表示については、主に以下のようになります。

費用を強調する表現:品位を損ねるので厳に慎むべき(下記具体例や、金額を大きくするなど)
わかりやすく太字や下線をひく:問題なし

控えめに強調するのは大丈夫なようです。

第3 禁止される広告について
1 禁止の対象となる広告の内容
(8) その他
品位を損ねる内容の広告
【具体例】
・ 今なら○円でキャンペーン実施中!
・ 「ただいまキャンペーンを実施中」
・ 「期間限定で○○療法を 50%オフで提供しています」
・ 「○○100,000 円50,000 円」
・ 「○○治療し放題プラン」

<医療広告ガイドラインに関するQ&A>
費用に関する事項は、患者にとって有益な情報の1つであり、費用について、分かりやすく太字で示したり、下線を引くことは、差し支えありません。

<180821>