23.医療機関情報サイトはどう扱うか

どのページなのかで対応が変わってきます。
トップページ:特定性・誘因性がないと考え、広告には該当しない
検索後の検索結果ページや医療機関情報ページ:特定性・誘因性がある場合は、広告に該当する

ただし、特定性は「医療機関の名称が特定可能であること」となっているので、トップページでも医療機関名が特定可能であれば「特定性あり」と考えられます。

医療機関情報サイトも限定解除要件を満たせば限定解除となるので、通常のウェブサイトと同じ考え方で問題ないと思われます。
また、広告料や登録料など費用が発生している場合は、「広告」と考えた方が良いかと思います。

患者の体験談は掲載可能ですが、患者に誤認を与える蓋然性が極めて高いことから、ランキングをつけたり掲載の取捨選択をすることはできませんので、そのような機能をつけている医療機関情報サイトは避けた方が良いかと思います。

<180821>