14.著名人が患者であることを掲載するのは禁止

芸能人や著名人が「通っていました」「治療しました」など、患者であることを記載するのは禁止です。
「広告可能な事項を説明してもらう(説明してるような作りにする)こと」はOKで、「患者であることを記載すること」はNGです。
この場合、スポーツ整形外科などで有名スポーツ選手を治療したことを記載することも禁止になるのでしょうか。

第5 広告可能な事項について (抜粋)
5 医療に関する内容に該当しない事項
医療に関する広告については、法又は広告告示により広告が可能とされた事項以外の広告が禁じられているが、以下のア~オに示す背景等となる画像や音声等については、通常、医療に関する内容ではないので、特段制限されるものではない。
ただし、風景写真であっても、他の病院の建物である場合やそのような誤認を与える場合、あるいは、芸能人が当該医療機関を推奨することや芸能人が受診をしている旨を表示(音声によるものや暗示を含む。)することは、医療に関する広告として、規制の対象として取り扱うこと。

芸能人や著名人の映像や声等
芸能人や著名人が、医療機関の名称その他の広告可能な事項について説明することは、差し支えない
なお、実際に当該医療機関の患者である場合にも、芸能人等が患者である旨は、広告できない事項であるので、認められないものとして扱うこと。(第4参照)

<180821>