7.誇大広告とはどんなもの?

「必ずしも虚偽ではないが、施設の規模、人員配置、提供する医療の内容等について、事実を不当に誇張して表現していたり、人を誤認させる広告を意味するもの」というもので、具体的には以下のものです。
科学的根拠が乏しい情報を、根拠があるように表現をするのは禁止となります。
詳しくはこちらをご覧ください。

・ 知事の許可を取得した病院です!(「許可」を強調表示する事例)
・ 医師数○名(○年○月現在)
・ (美容外科の自由診療の際の費用として)顔面の○○術1カ所○○円
・ 「○○学会認定医」(活動実態のない団体による認定)
・ 「○○協会認定施設」(活動実態のない団体による認定)
・ 「○○センター」(医療機関の名称又は医療機関の名称と併記して掲載される名称)
・ 手術や処置等の効果又は有効性を強調するもの
・ 比較的安全な手術です。
・ 伝聞や科学的根拠に乏しい情報の引用
・ 「○○の症状のある二人に一人が○○のリスクがあります」
・ 「こんな症状が出ていれば命に関わりますので、今すぐ受診ください」
・ 「○○手術は効果が高く、おすすめです。」
・ 「○○手術は効果が乏しく、リスクも高いので、新たに開発された○○手術をおすすめします」

<180821>