1.「医療広告ガイドライン」について

2018年6月1日をもって、「医療機関ホームページガイドライン」が「医療若しくは歯科医療又は病院若しくは診療所に関する広告に関する指針(医療広告ガイドライン)」という新しいガイドラインに変わりました。

今までの基本的な考え方は踏襲しつつ、「患者誘引するための手段の表示」を拡大し、「正確な情報を提供し、その選択を知る観点から、医療に関する適切な選択が阻害される恐れがない場合については、幅広い事項の広告を認める」というものです。

医療関係者が知りたい一番大きな変更は、今までは規制にかからなかった「ホームページ」についても規制対象になったことだと思います。

第1 広告規制の趣旨
1 医療法の一部改正について
(前略) しかしながら、美容医療に関する相談件数が増加する中、消費者委員会より、医療機関のウェブサイトに対する法的規制が必要である旨の建議(美容医療サービスに係るホームページ及び事前説明・同意に関する建議(消費者委員会平成 27 年7月7日))がなされた。同建議を踏まえ、平成29年の通常国会で成立した医療法等の一部を改正する法律(平成 29 年法律第 57 号)により医療機関のウェブサイト等についても、他の広告媒体と同様に規制の対象とし、虚偽又は誇大等の表示を禁止し、是正命令や罰則等の対象とすることとした。

その際、医療機関のウェブサイト等についても、他の広告媒体と同様に広告可能事項を限定することとした場合、詳細な診療内容など患者等が求める情報の円滑な提供が妨げられるおそれがあることから、一定の条件の下に広告可能事項の限定を解除することとしている

ホームページが広告媒体になったことで、何が可能で何が禁止なのか、解釈のしかたが難しい表現もあります。
まずは、「広告」についての基本事項をまとめたのち、よくある疑問・問題などを簡潔にまとめていきます。  

<180821>