本の制作に外注経費をかけるか否か

世は出版不況である。
よって出版社は、売上を上げる努力をするだけではなく、経費を抑える努力も必要となります。しかし、抑えるべき経費だけではなく、必要経費も抑えることで、売上を上げるチャンスを逃しているのでは、と思うこともあります。

以下は1つの考えかたですので、ツッコミどころはいろいろあると思いますがご了承ください。

本の制作に必要なこと

1冊の本を制作する際に必要なことは、大まかに
・企画
・DTP作業
・校正
となり、その他、表紙・カバー作成、タイトル決定などがある。

企画は、社員立案、先生からの持ち込み、編プロからの持ち込み・編プロへ提案、などがある。編プロが関係する企画はその後の制作も編プロが関与し、経費が発生するが、極力 社員が関与しないで発行点数が増えるので、一般の出版社でよく行われている。

DTP作業は、正社員が行っている中小出版社は少ないのではないか。多くは、印刷所や編プロ、派遣社員に頼んでいると思われる。出版社の編集部の社員がDTP作業を行うより、経費をかけて外部に依頼して効率化を図っている。
よって、DTP作業に支払う経費は必要な外部経費となる。

校正は、出版社としてどのぐらい内容を高めようと思うのか、どのぐらい手間や経費(社員の人件費含む)をかけようと思うのかで、考え方が変わってくる。しっかりした本を制作しようと思うと、この作業が一番時間がかかり、また、売上を左右する重要な作業でもある。

発行点数を上げるには

話しを一旦かえて、社員の人数を変えずに発行点数を上げるにはどうするかを考えてみる(編プロが企画から関与する場合を除く)。

単純に考えると、1冊あたりの社員が関与する時間を少なくすることになるので、
・作業を省く
・外部に依頼する
の2つが考えられる。

作業を省く

DTP作業については作業を省くという表現は失礼にあたるが、やはり餅は餅屋ということで、上記のように必要経費を払って外部に依頼した方がよいと思う。

校正については、時間をかけすぎている場合は売上に影響しない範囲で作業を省き、時間を短縮する必要がある。

しかし、時間を短縮することが大前提になってしまい、売上に影響を与えてはいけない。過剰な時間短縮は本の質を落とすことにつながり、結果として売れない本になってしまう可能性が高くなる。また、時間短縮をしたとしても発行点数が増えるほどの短縮は難しいと思われる。

外部に依頼する

DTP作業は上記のように外部に依頼すべきと考える。

発行点数を増やせるかどうかはそれぞれの制作体制にもよるが、校正を外部に出すか(出せるか)、ということが大きいと思う。

原稿整理から始まり、指示入れ、初校確認・疑問出し、再校確認・疑問出しなど、一番作業時間がかかるところである。この作業を外部に依頼できれば、空いた時間で他の企画を考えたり、もう1冊本を担当したりできる。
その結果、1人あたりの年間発行点数を増やすことができる。

医学専門書の場合、印刷所や一般の編プロでは内容がわからず疑問出しはできないことがほとんどなので、しっかり医学のことも医学書のこともわかる業者に依頼する必要がある。しかし、制作過程で多くの時間がかかる作業を外部に依頼することができれば、空いた時間を有効活用して発行点数を増やす、という考えかたはできる。

外部経費をかけて儲かるのか

経費を抑える理由は利益を減らさないためである。売上−経費=利益。

しかし、利益を上げることのできる経費なら、かけるべきと考える(=必要経費)。

以下、数字は架空のものなので、会社の状況に当てはめると適切ではない場合もあると思います。

こんな場合は?

・1人あたり年間4冊制作
・1冊あたり3年で平均1000万円の売上
・1冊あたり経費は500万円(原稿料、販促費など含む)
・取次へは3割支払い

●売上:1000×4=4000万円
●経費:(500+(1000×0.3))×4=3200万円
●利益:4000−3200=800万円
(1冊あたり200万円の利益)

ここで、
・校正を外部に50万円で依頼
・年間4冊が6冊に増える
とすると、

●売上:1000×6=6000万円
●経費:(500+(1000×0.3)+50)×6=5100万円
●利益:6000−5100=900万円
(1冊あたり150万円の利益)

この数字をどう考えるかで、戦略が変わってくる。

数字をどう考える?

1冊あたりの利益で考えると

1冊あたり200万円の利益に経費を50万円かけると、利益の4分の1の経費をかけることになるので、そんなに経費をかけるべきではない、と考えやすくなる。

利益の増加分で考えると

4冊で800万円の利益に、300万円(50万円×6冊)の経費をかけてプラス100万円の利益(900万円−800万円)となることに対して、100万円儲かったこともより、300万円かけたのに100万円しか儲からない、と考えるかもしれない。

利益を率で考えると

上記の数字を使うと、800万円の利益が900万円になるので、11.25%の増益になる。1人あたり年4冊発行が6冊になり、11.25%の増益を可とするか否とするかは、各社および個人の考え方による。

売上を上げるなら

経費をかけないことを重要視するなら、外部に依頼しないままとなる。

しかし、少しでも売上を上げるなら11.25%増益する可能性があるので、外部に依頼する戦略をとると良い。

実際には、上記の条件の各数字を現実のものに変えて検討することになるが、経費をかけないで発行点数を増やしたり利益を上げることは難しいと思われる。

懸念することは

2つ考えられる。
・平均売上を下回ることはないか
・発行点数が増えないということはないか

売上に関しては、企画力が重要になってくるので、しっかりと売れる企画を考えたり、良い執筆者に依頼する必要がある。外部に校正を依頼して空いた時間を企画にあてる、先生に会う、学会に参加する、などをして売れる企画を考える努力は必要となる。

外部に校正を依頼しても発行点数が増えない場合は、外部に依頼したのにある程度手間をかけている場合(=二度手間)や、もともと外部に依頼をしても発行点数が増えないような制作体制の場合が考えられるので、見直しが必要となる。

どうするか

出版社としては、発行点数が増えても利益が上がらないのであれば、無理に増やすことはないと思う。しかし、本は出版社の財産である。また、売れる本を発行できれば利益も上がっていく。

よって、可能な範囲で発行点数を増やした方が良いと思う。売れない本が出るかもしれないと弱気になるよりも、売れる本を作るために企画をしっかり考えて、時間を効率的に使い点数を増やす。そのためには「企画力」を上げる必要がある。「悪貨は良貨を駆逐する」とはならないように。