「クリニックのホームページを戦略的に作ろう!」第3回:患者満足度を上げるために

3回:患者満足度を上げるために

口コミの中で圧倒的に不満として多いのが、待ち時間の長さです。

待ち時間対策としては、大きく「予約システム」「順番管理システム」があります。
予約システム:ネットを利用して予約できるもので、無料・有料さまざまなものがある。順番が近づくとメールで知らせるシステムなどもある
順番管理システム:待ち時間が長いときに外出し、順番が近づくとメールで知らせてくれるシステム。機器を使わなくても受付に伝えて外出許可が可能であれば同等のものとみなす

導入の有無については、診療科の特性や診療方針があるかと思いますが、一人の患者としてはできるだけ導入していただけると助かります。「順番管理システム」が導入されているだけでも、待ち時間の不満がかなり軽減されると思います。

これらのシステムですが、口コミを見ていると、導入している施設は評価が良いです。システム導入は待ち時間対策になるだけではなく、他施設よりも選ばれやすくなるという利点もあります。子供用に「予約できる」クリニックを優先的に探している人もいます。私自身もクリニック選びの際には予約システムを導入しているクリニックを優先的に選んでいます。

不満が多い待ち時間に対策を講じていることは「患者満足度を上げている」ことにつながります。

待ち時間対策を行っている場合は、ホームページで目立つように記載することをお勧めします。クリニックによっては、待ち時間対策をしているのに記載が目立たない、という場合もあります。パソコン用だけではなく、スマホ用の画面でも目立たせることが重要になります。
また、病院検索サイトに施設情報を登録されている場合は、そちらにも目立つように記載することをお勧めします。

「当院の待ち時間対策について」とページを用意している病院・クリニックもあります。

待ち時間対策は患者満足度の向上につながりますので、行っている場合はわかりやすく提示することをお勧めします。